PR

本広告は、一定期間更新の無いブログにのみ表示されます。
ブログ更新が行われると本広告は非表示となります。

  

Posted by つくばちゃんねるブログ at

2012年01月23日

今日は新月

本日、16:46に新月を迎えるそうです☆

新月は、月が一度死んで生まれ変わる時ということで
エネルギー的にも、物事を始めたり、
今までの自分を脱ぎ捨てたりするのに
ちょうどいい日です。

「たまたま」ですが、今日の同時間に
セッションの予定が入っています(笑)
楽しみですね(*^。^*)


毎月、よっぽど忙しい時をのぞいて、
私はノートに「新月のアファメーション」を書き留めています。
なりたい自分の姿、状況、ビジョンを
言葉にすることで、自分にも入りやすくなります。

ずっと習慣にしていると、けっこうそれなりに
思っているとおりになっていることがわかります。
おもしろいもんですよ(笑)

叶ってない願い事は、自分の本質を見誤っているか、
あとは恐怖から出ているお願いごと。
(のちになってわかる^^;)

他人や世の中の考えと、自分の考えの境界線は
ともすれば見失いがちですが
頭ではなく、心で自分を感じて生きていれば
見失うことはありません。
私もまだまだですけどね(笑)

では、どうぞ有意義な1日を☆

-----------------------------------------------------------------

つくばのスピリチュアルヒーリングルーム
Atelier Pallete -パレット-
http://atelierpallete.web.fc2.com/index.html

mokkun_cafe@yahoo.co.jp
090-4758-8775
電話は本名の「川村」で出ます。
本業のお店(カフェ)が忙しいときや、
セッション中など出られないこともあります。
お急ぎでない場合は、なるべくメールでご連絡ください。   


Posted by もっくん at 14:01Comments(0)スピリチュアル・コラム

2012年01月19日

対症療法と根治

からだや心の治療に関する
基本的な考え方について記しておきたいと思います。

今の西洋医学は、大半が「対症療法」的な視点で治療が組み立てられています。
まずは、その病によって出てきた症状を消す、という考え方ですね。
(例外ももちろんあるでしょうが、大きな流れのことを言っています)

炎症が起こったら、まず炎症を消して症状を楽にする、と。

これは一見とても合理的ですが、
見方を変えると、ちょっとナンセンスなんです。

その病、その症状がなぜ起こっているか、
という原因、根本に対するアプローチがない場合が多いのです。


例えば風邪。
なぜ風邪を引くのでしょう?

ばい菌、ウィルスが入るから。

いいえ、それは、過程としては正解かもしれませんが、
根本の原因ではありません。

同じ環境でも、病気にかからない人もいます。
人間には免疫というものがあって、
悪いものが入らないように、ちゃんと自己防衛機能があるんです。

それが働かず、というか、バリアーが負けちゃって
ばい菌くん大勝利で、具合が悪くなるわけです。


そしてもうひとつ考察を。

風邪を引いてしまうと、例えば、
鼻水出て、くしゃみ出て、寒気がして、だるくて、熱が出ます。

これは、ばい菌くんたちの悪さなのか?
というと、それも違います。

上記の症状は、自分のからだが、
ばい菌くんを外に追い出そうとして起こしている、
一連の症状なんですね。

熱がでるのは、免疫の働きをあげて
対ばい菌戦体制に体がなっているということなんです。

鼻がつまるのも、これ以上からだの中(特に喉・鼻の粘膜)に
悪いものがこないように、ロックしているんです。
せきや鼻水は、物理的にばい菌を追い出してます。


だから、薬でこの症状を抑えるのは、
体が治ろうとしてるのを妨害する行為と言えます。
感冒症状はつらいけど、ようするに辛かったりだるかったりする時は
基本的に動いちゃいけない時です。

まー仕事が休めないとか、色々事情はあっても
ほんとは寝てるのが一番早いんですね。


上のような、感冒症状のメカニズムは、
小学校向けの図鑑にも書いてあることで
別段、特別な考え方ではありません。

にもかかわらず、風邪に対するアプローチひとつとっても、
対症療法的な対処の発想が当たり前で一般的になっているのが
個人的には、ちょっと不思議です。

一部の例外を除いて
「病は不運にもかかるもの」じゃなくて
だいたい原因があるはずです。

でも、基本的に「病は突然理由なく襲われるもの」で
「症状こそが病」「医者に治してもらうもの」と
なんの疑いもなく思ってる人がなんと多いことか。

(※ただ、医療費の増大を食い止めるために、今やっと
  「予防医学」という発想が国からも出てきつつあります)


もちろん

西洋医学のすべてが駄目なわけじゃなくて、
例えば、外傷とか、ひどい炎症、命に関わる劇症などを
鎮静したり、一時的にケアしたりする必要はどうしてもあるし
そういうことにかけては、西洋医学は素晴らしい力を発揮します。
それによって助かる命も、たくさんあります。

でも、生活習慣とか、心の習慣とかが原因による病で
根本に行き当たらないと、再発したり、
治る見込みのないものについては
対症療法は、意味が無いどころか、かえって悪化させたりします。

なんで症状が出るのか。
それは、風邪の原則と同じく、からだが治そうとする反応だし
からだ・こころが病んでいる証拠でもあります。

薬を飲んで、症状を抑えても、
それは一時のごまかしであって、
治ったわけではないわけです。

ほんとは、薬なんか飲まなくても大丈夫なのが
フツー、なのです。

年取ったから高血圧になる? 違います
それは端的に言うと、しょっぱいもん食い過ぎだからです。
血圧下げる薬飲んでも、「治ってません」
原因である、塩分取りすぎの食事を改めないと、治りません。

それが「根治」の発想です。


見えないエネルギーのケア、ヒーリングについても同じことが言えます。

さっき、ハートチャクラの不調による症状について
ツイッターでばーっと書いてみました。
記録のためにも少し記してみます。

------------------------------------------------------------------------

必要な自信と、不必要なプライド。が、最近のテーマです。関連する主なチャクラは、クラウンチャクラ(一番上)、ルートチャクラ(一番下)、そして最重要はハートチャクラ(真ん中)。
posted at 18:22:35


どっちも「プライド」なんだけども、謙虚さと素直さ、感謝が足りないと天狗さんになっちゃうというか、成長しなくなってしまうのだ。
posted at 18:23:43


ハートチャクラがやられてる人は、このバランスがうまく取れなくて、エネルギーがいつも枯渇する。人から評価されないと、自分を評価できないから。プライド高いくせに、自分を愛せていないから。
posted at 18:28:47


------------------------------------------------------------------------

これは、「ハートチャクラが不調だから」
こういう症状が出るんじゃなくて、
症状は結果なんですね。

心の持ちよう、普段のエネルギーの使い方がよろしくないために
ハートチャクラが不調になる。ブロックができる。
そしてその結果、自分の外界に、ある一定の不具合が出てくる、と。

その根本にアプローチしないと、ブロックは取れないんですね。
チャクラが、ばい菌にかかるように、
「不運にも」他人によって傷つけられている、なんてことは
絶対にありません。

自分のエネルギーを傷つけられるのは、
自分だけなんです。

強いていえば「他人からされたことで自分の中に起こった反応」
によって傷がついているのです。


そこに「なぜ」と科学する必要があります。

自分の心のもちように、どこか問題があるのです。

↑誤解しないで頂きたいのは、
その人自身とか、根性や性格が悪い、
とかそういう意味ではないですよ。

ただ、手放したほうがいい「思い込み」「くせ」がある
ということ。


そこにアプローチするのが、私の仕事のすべてです。

旅するのは、あくまで、クライアントさんが主役で
私は、補助でしかないのですが・・・

よりいいナビゲーターになれるように、
もっと勉強して、経験をかさねていきたいと、
思っています。


とりあえず、上記のような発想がなかった方は、
健康管理や心の管理について
少しでも認識を変えて頂ければ、幸いです。

20年後には、根治の考え方が当たり前になる予感は持っています。
(私のこういう予感はあたります(笑))

その日が一日も早く来るように祈りつつ
私も、自分なりにがんばろうと思います。

-----------------------------------------------------------------

つくばのスピリチュアルヒーリングルーム
Atelier Pallete -パレット-
http://atelierpallete.web.fc2.com/index.html

mokkun_cafe@yahoo.co.jp
090-4758-8775
電話は本名の「川村」で出ます。
本業のお店(カフェ)が忙しいときや、
セッション中など出られないこともあります。
お急ぎでない場合は、なるべくメールでご連絡ください。   


Posted by もっくん at 23:41Comments(0)スピリチュアル・コラム

2012年01月18日

その仕事を続けるべきか、続けないべきか

今日のセッションは、主に「お仕事」についての話題でした。

人間関係、自分のスキル、今後の方向性。
お仕事では色々悩みが出てくるものです。

私はよく、「そんな仕事やめちゃえ」と簡単にいいます(笑)

あきらかに、全然本人が楽しいと感じていない仕事を
「不景気だから、次を見つけられない」
「仕事はこんなもの、みんな我慢してやっているから」


みたいな感じの人には、遠慮無く言います。
そういう仕事は続けてもしょうがないからです。
その職場が、万人にとってつまらないわけではありません。
でも、本人にとってつまらなければ、
色んな意味で伸びしろがない。

喜びも産まず、新しいことも産まず、
何もいいことがないんです。


実際、私の「やめちゃえ」で辞めて(笑)
次は好きな仕事、やりがいのある仕事を見つけて
すごく楽しそうな方、何人もいます。

初めは職探しや自分探し、金銭面なんかで苦労はしますけど
その後の表情見てると、ああプッシュしてよかったわと思います(笑)


でも今日は、別のケース。

「もうここに居たくない」「こんなところで働きたくない」

その理由は、本人が仕事がつまらないのではなく
ご自分の悪いところ、課題から逃げているためでした。

プライバシーもあるので詳細は省きますが

おそらく、このまま辞めたら、
この方はどこに行ってもこれを繰り返す

そう感じたので

「いま辞めては駄目。自分に負けては駄目です。」

と言いました。
自分から逃げていることを他人に指摘されるって
なんとも悔しく、歯がゆいことです。

でも、真摯に話をきいて下さいました。
自分と向き合う準備が出来て、この機会を迎えたのでしょう。
プライドを超えて、メッセージを聞いてくれた
そのことに、人間として敬意を評したいです。
今は苦しいけど、頑張って、と思います。


・・・私にしては、珍しく真面目でしょ(笑)

なんでもかんでも辞めりゃいいじゃーん☆
では済まないこともあるんでねw

スピリチュアルでよく言われる

「好きなことをしていいんですよ」
「ありのままのあなたでいいんですよ」


っていうのを、激しく誤解して、
魂の成長を止めてぬるま湯につかってる人、
たまにいます。
(うちのお客さんにはそういうタイプはあまり来ませんが・・・)

好きな事は大いにするべきだし(その方が誰だってパフォーマンス高い)
ありのままのあなたでいい、そんなん当たり前じゃん。

でも、嫌なことから逃げる、っていうのは
それとはまた別なんですよね。


なんで嫌なことが起こるか、のメカニズムを考えた時
それは「自分へのメッセージ」です。

自分のエゴや、心のブロックが
鏡に写って、他人を通して出てきます。

例えば、「怖い上司にばかりあたる」なんて人は
上司運が悪いんじゃなく、単にその人が怖がりで
ビクビクしていて、そのエネルギーによって、
「怖がらせる」タイプの人間を引き寄せていたり・・・。

ケースバイケースなんで、端的に言うのは難しいですけど、
その場合、取り組むべきなのは、運を上げることじゃなくて、
「怖がり」の原因を探求することです。
そして、エネルギーワークでもいいし、実生活を通じてでもいいし、
自分のエネルギーの矯正に取り組むと。

そうすると、だんだん自分の目に映る現実が変わってきます。


そういうケースなのに、「ありのままでいいんです」を間違って適用して
「私はあの上司が嫌いだから辞めるわ☆」
と辞めても、次の職場で間違いなく同じ事が起こります。
学習するまで、学びは続くように出来ています。

「ドコに行っても〇〇を繰り返す」系の人は、
今のままじゃ駄目なんですね。

「ありのままでいいんですよ」の「ありのまま」は
もっと原初の、魂の輝きのことだと思って下さい。
「現状のエネルギー状態」ではないのです。何か嫌だなあと感じるものがあれば、変えるべきことがあるのです。


ちなみに、職を変えることが、
課題からの逃げなんだか
課題からの卒業なんだか

その時は自分でもわからないことは、よくあります。
100%どちら、ということもないんでしょうね。

どんな仕事でも、やってて良かったことって必ずありますし
どんな人間関係でも、それは自分を見せてくれる、
感謝すべきものです。

その上で、自分は何を感じているのか?
これからどうしたいのか?

まっすぐな心で、感じてみる事です。
キーワードは謙虚と感謝。
それが感じられないうちは、エゴが勝って
正しい判断が出来ていません。


世間体、常識を外して自分のやりたいことを感じて
謙虚さと感謝をもって、周りを見まわせば

おのずと、どうすべきかはわかるはずです。


男も女も、老いも若きも

みんな頑張れ!


では、おやすみなさい(^_^)/

-----------------------------------------------------------------

つくばのスピリチュアルヒーリングルーム
Atelier Pallete -パレット-
http://atelierpallete.web.fc2.com/index.html

※現在、セッションで頂いた料金の10%を、
東日本大震災の義援金に寄付させて頂いております。


mokkun_cafe@yahoo.co.jp
090-4758-8775
電話は本名の「川村」で出ます。
本業のお店(カフェ)が忙しいときや、
セッション中など出られないこともあります。
お急ぎでない場合は、なるべくメールでご連絡ください。   


Posted by もっくん at 00:32Comments(0)スピリチュアル・コラム

2012年01月10日

蛟蝄(こうもう)神社へ初詣

茨城県南、龍ケ崎の少し先の利根町にある
蛟蝄(こうもう)神社というお神社に、初詣に行ってきました(^_^)/

蛟蝄神社
※画像は公式HPより拝借しました

ホントは筑波山神社に行こうかな、と朝は
思ってたんだけど、なんだか流れ流れて全く逆の方向へ。。。(笑)

きっかけは、ツイッターで仲良くしてもらっているフォロワーさんが
教えてくれたんですが、なんか名前がかっこいいな!
と思って(笑)

蛟蝄の蛟は、「みづち」
みづちは、日本の伝説上の龍です。
ホームページによれば、
「はるか昔この辺りが海であったころの
大地の形が蛟(みつち=伝説上の龍)に似ていたため」

という由来があるそうで・・・(諸説の1つとのこと)

このお神社の御祭神は、「罔象女大神(みつはのめのおおかみ)」
とおっしゃる、生命の源である水をつかさどる女神様
だそうです。

あまり聞き慣れないお名前ですが、
2300年前に起源のある、由緒のあるお神社のようです。
地形から察するに、この辺りの水源だったのかしら。

住所は「利根町」ですが、隣町は「龍ケ崎」ですし
何かと龍がご縁のある土地柄なんですね。

今年はちょうど「みずのえ」辰年ですし(ってクライアントさんに教えてもらったw)
惹かれたのは何かご縁があったんでしょう(*^。^*)
(行くと決めた道中で、iPhoneで調べていたら、
 そういう情報が出てきてホウホウ、と思いながらドライブw)


大きな地図で見る

そういえば、先日今年初のセッションをやらせて頂いた方も、
なんだか妙に水のエネルギーの気配がするというか、
水に縁が深そうなクライアントさんでした。不思議なものです。

蛟蝄神社 お守り 蛟蝄神社 お守り

お守りもかっこいい!
おみくじもおかげさまで大吉でした(*´艸`*)

お社はさすがに年季が入っていましたが
(今年改築の予定があるみたいです)
とても厳かで、パワーを感じました。

私には龍がついている(守ってくれている、の意味)
と色んな方に言われるのですが
帰りの道中、しばらく腰回りを龍がぐるぐる回っているような
そんな感じがしましたよ(笑)

その前後も、着々と行きたい場所に導かれて
(だいたい食べ物屋なんですけどw)
ラッキーな1日でした(^_^)v

導いてくれた方、そして導かれたことに感謝します☆
ありがとうございました!(*^_^*)

-----------------------------------------------------------------

つくばのスピリチュアルヒーリングルーム
Atelier Pallete -パレット-
http://atelierpallete.web.fc2.com/index.html

※現在、セッションで頂いた料金の10%を、
東日本大震災の義援金に寄付させて頂いております。


mokkun_cafe@yahoo.co.jp
090-4758-8775
電話は本名の「川村」で出ます。
本業のお店(カフェ)が忙しいときや、
セッション中など出られないこともあります。
お急ぎでない場合は、なるべくメールでご連絡ください。   


Posted by もっくん at 20:43Comments(0)スピリチュアル・コラム

2012年01月05日

あけましておめでとうございます☆

あけましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いします(^^)


※今年の年賀状に使った辰の絵、夫が書きました(^^)


さて、昨日4日よりヒーリングの受付も再開しました。
1月も2週目くらいまでは結構皆さんバタバタするのか
例年この時期はけっこう時間が空いています。
ある意味チャンスですので、興味のある方は
ぜひお越しくださいネ笑


2012年については、ちまたでも色々なかんじで
変革の年と言われています。

マヤ暦が今年の12月22日で終わることにちなんで、
世紀末的なことを言い出す人もいますけども
これは必ずしもカタストロフィー的なものではなくて、
ひとつのカレンダーが終わる、ということなのでしょう。
今までとは違う時代に入る、ということです。

その準備はもう数年前から始まっていて、
世の中の色んなシステムやしくみにほころびが見えてきています。

国レベル、組織レベルでもそうですが
これは、個人のレベルでも起こってくる変化です。
人によっては、色んな意味で生きづらい時代となるでしょう。
ですが、パラダイスが開けてくるような感触をもっている人もいます。

その違いは何かというと、

「自分で判断しているか、決めているか」

ということに尽きます。
例えば、誰かが決めた常識やしきたり、世間体に依って
自分が何者なのか、本当は何がしたいのか

真剣に向き合わないままに生きていると

たぶん、何が正しくて何が正しくないのか
ずっと何かに踊らされ続ける
そういう流れになっていきます。

逆に自分の感性で物事や方向を決めている人は
周りの価値観が揺らげば揺らぐほど
基盤がしっかりとして、動じなくなる。

私の価値観では、後者のほうが「楽しそう」だと思います(笑)

ちなみに、これはスピリチュアルな知識があるとか
ないとかはあんまり関係がありません。
スピ知識満載でも、全く自分の頭を使っていない人はたくさんいます。
何かを鵜呑みにしていれば、何も意味がありません。
頼りになるのは、自分の心の羅針盤だけです。


あまり予言めいたことは普段は書きませんが
上記のことは、確かかなあと思うので珍しく明記してみましたべーっ

私も自分の中の変化を年末あたりからかなりヒシヒシと
感じるので、今月は基盤づくりにと、
瞑想強化月間にしようと思っています(*゚∀゚)

では、今年も1年、頑張りましょう☆

-----------------------------------------------------------------

つくばのスピリチュアルヒーリングルーム
Atelier Pallete -パレット-
http://atelierpallete.web.fc2.com/index.html

※現在、セッションで頂いた料金の10%を、
東日本大震災の義援金に寄付させて頂いております。


mokkun_cafe@yahoo.co.jp
090-4758-8775
電話は本名の「川村」で出ます。
本業のお店(カフェ)が忙しいときや、
セッション中など出られないこともあります。
お急ぎでない場合は、なるべくメールでご連絡ください。   


Posted by もっくん at 00:58Comments(0)スピリチュアル・コラム