PR

本広告は、一定期間更新の無いブログにのみ表示されます。
ブログ更新が行われると本広告は非表示となります。

  

Posted by つくばちゃんねるブログ at

2012年06月25日

本当の自分

こちらのブログではご無沙汰しています(^.^;

もうすぐ臨月に突入ですが、おかげさまで順調です☆
セッションも駆け込みでのご予約をたくさん頂き、
おかげさまで今月末までの受付は、終了となりました。


この週末は、

「他人(主に親)の望むように先回りして振舞っていたら
 本当の自分がわからなくなってしまった・・・」


というケースの方が続々いらっしゃいました。

と言っても、「そこを解決したい」という
問題意識を明確に初めから持っているわけではなくて
表面的には

「自分が何をしたいのか、何に向いているのかわからない」

というモヤモヤをかかえて、やってくる
という感じでしょうか。

個々の事情は違うものの、エネルギー状態は
結構みんな似通っています。
特に、下の方のチャクラから、ハートチャクラまでが
あんまり良く機能していません。


『自分は何者であるか』

がほとんど自覚できておらず
ある意味、眠っている状態です。

誤解のないように言うと、みんな表面的にはとても真面目で
一定以上は頑張り屋さんだったりします。


でも、だからこそ、かな。

他人の要求に応えるように振る舞うのが
とても上手です。

空気もよく読むし、よく気が利く

こういう人間は、社会では一定に無難な評価をされますね。
むしろ、優秀な、しかるべき人間として重宝されるかしら。


でも本人はモヤモヤ。
優秀でも、その仕事ができても、

別に本当にそれがやりたいわけでもないので

深い意味での情熱とか喜び、生きている実感が湧いてこないのです。
そして、本当の自分を忘れていて、借り物のような人生を生きています。
長い間そうしていると、まるでそれが本当の自分のような
そういう錯覚が生まれてくるんです。


そんなときに、ひとつ、「本当の自分」「本当にやりたいこと」への
手がかりとなるのは、子供の頃の自分です。

条件付けや、つまらない常識(他人の思惑)がついてない、
本当に小さいころ。


大きくなるに連れ、

「それでは食っていけない」とか

「実際の仕事内容は○○で、不安定だ」とか

「将来のために、そんなことよりは、実用的な○○を習得したほうがいい」


とか言われて、その提案を受け入れて
諦めてしまった夢とか、やりたかったこととか


親が至極真当に自分のことを心配してくれたんだ、
自分ももう子供じゃないし、ちゃんと考えなければ

とか

実は全然自分の考えではないものを
自分の考えで至った、と自分に言い聞かせて
けなげな子供たちは、自分のビジョンを塗りつぶしていきます。

そして、それを「なかったこと」にして
表面の意識では、忘却していたりするのです。。。


人間にとって、一番大切なことってなんでしょう?

お金に困らずに生きること?

世間から後ろ指さされないように「普通に」生きること?

他人を自分の外的条件で羨ましがらせること?



皆さん(やかつての自分)の苦悩を見るとき

普通ってなんだろう、何を求めて、何を怖がってるんだろう、

って思います。


「本当の自分」「子供の頃のありのままの自分」に
触れようとすること自体に、ブロックがかかっている場合が多く
それをカウンセリングなり、直のエネルギーワークによって
外すことを試みるのが私の仕事なのですが

自分自身が許可しないと、いくら他者が働きかけても
最終的にはブロックは外れません。

許可とか、「目覚めの決意」なのだと思います。
他人の条件付けや世間、常識、といった幻想からの脱却です。

今までそれによって生かされてきているので
捨てるのはけっこう勇気がいりますが

そこから抜ければ抜けるほど
生きている実感、喜び、というものを感じるようになります。


「他人の条件付けや世間、常識」にどっぷり浸かっていると
上のような物言いは、「宗教っぽい」と感じるかもしれませんが

私からすると、その「他人の条件付けや世間、常識」のほうが
よっぽど宗教じみてて、信者が多いぶん、やっかいですよん(^.^;


しばらくの間は、直のセッションはできませんが

呼吸法や運動、その他、
現実的な生活への意識を変えるといった
セルフケアのようなものでも、
自分をじょじょに変えていくことはできます。

今後も、マイペースにはなるけど、
ブログは止めないで、ときどき、思うことを書いていこうと思います。

では、また(^_^)/

-----------------------------------------------------------------

つくばのスピリチュアルヒーリングルーム
Atelier Pallete -パレット-
http://atelierpallete.web.fc2.com/index.html

mokkun_cafe@yahoo.co.jp
090-4758-8775
電話は本名の「川村」で出ます。
本業のお店(カフェ)が忙しいときや、
セッション中など出られないこともあります。
お急ぎでない場合は、なるべくメールでご連絡ください。   


Posted by もっくん at 09:37Comments(0)スピリチュアル・コラム

2012年06月10日

「ありのまま」⇔「ありえない」

タイトルの2つの単語が最近のキーワードです。

「ありのまま」を受け入れよう、
ということを最近のブログで力説していますが
それの反対にあたる言葉が

「ありえない」

この言葉、少なくとも私が高校生の時(15年ほど前)には
あまり今のような使われ方はしていなかったように記憶しています。

いつからか、結構かんたんに使えて、
日常に入り込む言葉になったなあと思います。

「ありえなーい!!!」

って怒ってみたり、冗談を言ったり。


でもこれって

自分の許容範囲をすごく狭める言葉なんじゃないかって
ふと、思いました。

「ここまでは許せる」

そこを超えると

「ありえない」

もう起こってるのにね。
その人はそう振舞ってるのにね。
自分がその存在、あり方を許さないのです。

それが、苦しみにつながる。
もうあるのに、自分にとっては「ありえない」から。
自分にとっては「ありえない」のに、もうあるから。


これは私の仮説というか思い込みかもしんないけど

この「ありえない」という言葉が登場した頃から
モンスター○○とかの問題もチラホラ囁かれるようになった気がするんです。
2000年以降くらいでしょうか。

消費者意識を増長させて、過大要求をする人々、モンスター○○

やってもらえることすべてが「当たり前」(別に有り難くない)
その当たり前を満たさないものは「ありえない」

そういう人々や風潮が、世の中に出てきて、
なんだかギスギスし始めたなあって・・・


「普通は」「一般的には」「常識では」 ありえない。

そうして、どんどん、みんなの許容の範囲が狭くなっている。
自分で自分の首をしめている。。。
それが、前述の2000年くらいから、今までとは別の意味で
顕著になりはじめたなあ、と感じます。


人なんて正しいだけの存在じゃないし

「こうあるべきステレオタイプ」

を世の中のすべての人に要求したら、自分がくるしいよ。


身内とか、こどもとか、近所とか、

地域のコミュニティとか、議会とか、政府とか、国とか


ぜんぶぜんぶ、ある意味不完全な

「ありのまま」の姿で生きているのだから。。。それが本当の姿なんだから。


それを受け入れるだけであなたの世界は変わるよ。


思い通りにならない家族、友達、恋人、同僚がストレスなら

「思い通りにする」発想をやめることです。

みんな、自分ぐらい勝手にありのままにいるだけだからね(笑)


「ありえない」なんて言わず思わず
受け入れよう。

「ありのまま」を愛そう。


愛するってのは、なにも、嫌いなものを好きになれってことじゃないよ。
別にいいの、きらいでも(笑)

「私は好きじゃないだけ」

ってところで、それ以上ジャッジしない。
正しいとか正しくないとか言わず
存在じたいは受け入れる。
それが、愛なんじゃないかと、最近思っています。

でも、それやってくと結局、嫌いなもの自体が、
だんだんなくなっていくけどねw

ではまた(^_^)/

-----------------------------------------------------------------

つくばのスピリチュアルヒーリングルーム
Atelier Pallete -パレット-
http://atelierpallete.web.fc2.com/index.html

mokkun_cafe@yahoo.co.jp
090-4758-8775
電話は本名の「川村」で出ます。
本業のお店(カフェ)が忙しいときや、
セッション中など出られないこともあります。
お急ぎでない場合は、なるべくメールでご連絡ください。   


Posted by もっくん at 00:16Comments(0)スピリチュアル・コラム

2012年06月04日

タロットカードのことなど

昨日、クライアントさんに「エンジェルタロット」というものが
最近発売された、と教えてもらいました(^_^)

天使のカードで有名な、ドリーン・バーチューさんのプロデュースです。
私も、ドリーンさんの他のオラクルカード、セッションで使っています。



内容をちらっとお伺いしましたが、

タロットの原点である、78枚のライダー版タロットと基本的に同じ構成で
一部、ライダー版でちょっぴりビジュアル的に怖いカード(笑)が、
ややマイルドな表現になっているのと、
大アルカナの登場キャラが大天使になっていたり・・・
そんな感じみたいです。

英語版しかないけれど、結構安めだし
おもしろそうだなー(*´∀`*)と興味を持ってます☆


タロットやオラクルカードのこと、たまーにクライアントさんに尋ねられます。

私にタロットできますか、とか、
このオラクルカードは大丈夫ですか(力はちゃんとありますか、の意味)
などなど


うーん 答えるとすると、なんていうか、タロットやオラクルカードに
間違いとか、まがい物というものはないです。

「力」があるから正しいものが引ける、
という発想自体がちょっと違うというのか・・・

カードは常に、対象となる人、その場のエネルギーに
ふさわしいものが出てきます。
あとは、出たカードをいかに信頼するか、
そしてどういうふうに読むか、がタロットを行なう場合の力量です。



ライダー版タロットの78枚は、基本となるタロットカードですが
これは、宇宙のすべてのエネルギーを表している
と言われています。

光~闇、と表現してもいいでしょうけど
いろんな側面の、あらゆるエネルギーが
78枚で表現されているんですね。

そういう意味では、とても深い
高度な魔術的知識が要求されます。
私もその意味ではひよっこもいいところなんで
すべては網羅できません。
(おそらく、100%してる、と言い切れる人はいないと思います・・・
 際限なく深く、それゆえにパワフルなツールなんです)

でも何より大事なのは
例えばさっき言ったような、ビジュアルが怖いカード



こういうやつwww

よく意味がわからなくても、あきらかにビジュアルから
一見ネガティブな意味が取れるような
そういったカードもいくつかあるんですが
(宇宙のすべての側面を表してるんで、当たり前なんですが)

こういうのを、「やばい!怖い!」って読んじゃ駄目なんですね。


上の()内がその理由なんですけど、
そのカードは、あるエネルギーをそのまま
淡々と表しているに過ぎない、ということです。

例えば、画像のタワー(塔)のカードは
今まで積み上げてきたものが、一旦おじゃんになり
そして新しい流れがはじまる、といった意味合いがあります。

その過去の流れに執着していれば
本人的には悲劇的な流れの崩壊に感じるかもしれませんが

現象的には、それが終わり、また新しいものがはじまる
そういうことでしかありません。

ん? やっぱり怖いって?(笑)


・・・・・

つまり結局は、人生への取り組み方、考え方
にも通じるものなんですが

起こる現象を、「ただの現象として捉える」
ということが大事なんですね。

よい事、わるい事、ではなくって
出来事はすべて、ただの側面なのですよ。
それに勝手な解釈を与えているのは、
人間のエゴなんです。

何か、自分のやりたい方向に執着があったりすると、
それがうまくいかなかった時の恐怖や、
こうあって欲しい、というエゴが生まれ
それが苦しみになるということです。


タロットをほんとうの意味で有用に使うには
その恐怖、執着、エゴの部分を
自分から手放して行かなければいけません。

先が見えなくて怖いから、
こうなってほしいから、
という願いを込めて、使う道具ではないということ(・∀・)

自分の本来のあるべき流れ、
宇宙の流れとしてあるべき方向

それに乗るための、羅針盤としてのツールが
タロットカードなのです。

ひとを怖がらせるようなリーディングをする人は
そういう意味で、ツールの本来の意味を
理解していないと言えるでしょう。


話を少し変えて、今度はオラクルカードのことを。



オラクルカードは、宇宙のすべての側面、
とまでは行きませんが、
特定のコンセプトのもとに集めたエネルギーを
表現しているものです。

恐怖を持った人間に、
その感情を想起させるカードを
あえて取り除いてあったりする、という意味で
優しいカードが多いですよね(^^)
(冒頭のエンジェルタロットは、ドリーンさんが
 ライダー版にそういう要素を取り入れたものですね)

でも、それが力がないとか間違っている、
ということは全然ありません。
「ある側面を表している」ものには違いありませんから・・・


意味を拾いあげるのに、ちょこっとコツがいるのは同じ。

それには、やっぱり変わっていくことへの
恐怖や執着やエゴを、手放すことが必須なんです。

つまり、人生を真摯に生きるってことだ。


エゴがない人間なんてそうそういないし
流れの読み方がが多少わかるヒーラーだからって、
そんなに人が思うほどうまく生きられるわけじゃなくて
わたしだって失敗ばっかり。

でもまあ、失敗したらやり直せばいい。
学習したら直せばよい。

その心構えがあれば、何が起こっても
大丈夫、と思っています(^_^)v


なわけで、強引にまとめますが、

タロットは怖くないよ(はぁと)www


楽しく、そして真摯に
道具とは向き合って行きましょう。

ではでは また(^_^)/

-----------------------------------------------------------------

つくばのスピリチュアルヒーリングルーム
Atelier Pallete -パレット-
http://atelierpallete.web.fc2.com/index.html

mokkun_cafe@yahoo.co.jp
090-4758-8775
電話は本名の「川村」で出ます。
本業のお店(カフェ)が忙しいときや、
セッション中など出られないこともあります。
お急ぎでない場合は、なるべくメールでご連絡ください。   


Posted by もっくん at 08:30Comments(0)スピリチュアル・コラム