2015年02月26日

自分から逃げる

自分から逃げる、という行動には、いろんなパターンがあるんだなあと、最近しみじみ感じます。

主に自分自身の実例からなんですけど(笑)

そのうちのひとつ。

自分を責める。


これって自分と向き合ってるようで、ちょっと違うんだな〜と思います。人のせいにするよりはマシかというとそうでもない。同じくらいかもしれない(苦笑)

私が悪い、のではなくて、その状態になったり、その状況をまねいた理由があるはずです。

本当に向き合わなければいけないのは、そっちの理由のほう。自分を責めても、辛いし無意味なばかりか、本質に向き合う機会、気力を失うのです。


育児でイライラしてしまったとか、仕事でミスをしたとか。人間関係でうまくいかないとか。ビジネスうまくいかないとか。ついつい自分を責めたくなりますね。

たとえば、ビジネスが上手くいかないのは、自分がダメだからじゃなくて、なにかビジネスモデルに問題があります。

どんな問題も、もともと自分自身から発しているものなんだけど、それでも自分がダメとは違うんですね。その時はその時で、ベストを尽くそうと、奮闘しているはずですから。

やることは、自分をせめることじゃなく、ビジネスモデルを修正すること。何が原因か、ちゃんと考えて。


ここまで書いて思ったけど、これ、ビジネスモデルを他の言葉に置き換えても何でも成立するなあ。


例えば、この間のカウンセリングで、資格試験の勉強を頑張れない自分はダメ、みたいな話があったんですが

なぜ頑張れないのか?を分析すると、

そもそもその資格取得に対して情熱がない、というところに行き当たりました。

でも、生活(お金)のためとか、長くやってるからとった方がいいかもとか、そういう頭で考えた理由で、自分は取らなければならない、と、なっていたんですね。

そうすると、自分には能力がないんじゃなくて、やる気がなかったのです。やる気(情熱)は、頭で考えても出ません。

タロットでいえば、情熱はワンド(火)、思考はソード(風)のカードがそれぞれ象徴します。

西洋魔術的な現実化の順番で言えば、まず火(情熱)のエネルギーありきなんです。風(思考)はそれを現実化させるための力やプロセスであって、原動力とはちょっと違います。

まず衝動、情熱があってこそ、人間は動くのですね。

だから、この上のような場合は『やりたいこと』の設定の認識を、改めた方が良いでしょう。

まあ、頭のチカラでどこまでもムリがきく、現実を開いていくタイプも稀にいるけど…それが幸せかっていうとびみょう(笑)


頑張れないっていうのは、怠けではなく、自分にとっての『違う』のサインかもしれません。

ここで自分を責めると、自分を見失います。本当の自分の意思、意図を無視しているわけですから…。それがタイトルの『自分から逃げる』に通じる意味です。

自分を責めない。粛々と、自分の望むことを考えて、それを実行に移す。それをとにかく丁寧にやっていくのが、本当の意味で自分と向き合う、現実と向き合う事なのでしょう。


私もそうだったけど、自分に厳しくしているつもりなのに、逃げてるとか指摘されると、すごく辛いんですよね(苦笑)

でも、その辛さも、自分を責めてるがゆえ。わかったら、別にその時やめればいいんだから、本来は痛くもかゆくもありません。

人間は未熟さから間違えるものです。そんな自分を、どうか可愛く思って欲しいと思います。

ではまた(*^_^*)  


Posted by もっくん at 04:53Comments(0)スピリチュアル・コラム

2015年02月11日

【タロット】子育てに関するスプレッド

最近、印象に残ったリーディング例です。

子育てのお悩みで、日々どうにもイライラしてしまう~とのことで。
傾向とアドバイスをリーディング。



3枚引きですべて逆位置。

逆位置のカードの割合が多い場合は、
宇宙の流れに沿っていない、と解釈します。
しんどいであろうことが、わかります。
(川を上流に向かって歩いてるような、不毛な感じ)

真ん中の女帝の逆位置は
「支配的なお母さん」を示唆します。

左右のペンタクル6(逆)、恋人(逆)は
いずれもお互いの気持ち(お母さんとお子さん)が
すれ違っていることの現れ。

ペンタクルは仕事とお金など、実物、実績のカードです。
ペンタクル6の真ん中の人物は、天秤でもって人をジャッジしています。
ビジネスなどには良いけれど、親子関係には、
もうちょっと温かいエネルギーが欲しいなあ、という感じ。

1枚目にこのカードが出ているのは、
表面的な振る舞いや成果で、お子さんを
見てしまっているところがある、と読みました。

でも、2枚目、3枚目の、女帝、恋人、のカードからは
質問者さんが、とても愛情深いお母さんであることが
感じ取れます。

愛してるから、うまく行ってほしい。
愛してるから、思い通りにしてほしい。
可愛くて仕方ないから、自分のコントロールの範囲にとどめたい。

逆位置の形が表す通り、
その愛情が裏目に出ている状態です。
イライラするのは、コントロールがうまくいかない、
その不安と心配から、でした。


でも、愛はあるの。
それ自体は、当然ながら、
ぜんぜん悪いことじゃない。

どうしたらいいかっていうと、
愛のエネルギーの出し方をひっくり返すの。
正位置に戻すイメージです。

コントロールしたい、という発想を手放す。
子供を信頼する。今やっていること、成果ではなくて
子供の存在そのものを、見る。

そうすると、お互いの愛情と信頼が、
うまく、循環していくはずです。

これは、口でいうのは簡単だけど
ちょっと発想の転換が必要ですね。


信頼するとか、大丈夫と思う、というのは
ずっとその子がうまくいく、そういう意味じゃない。

ちょっと転んでも大丈夫。
むしろ大ゴケしても大丈夫。
傷ついても、立ち上がる。
立ち上がれない時期があっても、
いつか飛び立つ。

その子の学び、その子の人生を信頼する

そういうことです。
我が子が試練に立ち向かってるのを見るのは
なかなか辛いですが・・・。

親の出来る事は、精一杯の信頼と、後方支援、ですね。


最初から全部うまくはできません。
親だもの。にんげんだもの。

エゴまみれの自分を見ること。
それも自分自身の大切な学びです。

エゴまみれの自分を発見したら
自分を責めるのではなく、ああ、見つけた、
と思うだけでいいです。

エゴの奥にある、自分の不安を、
ジャッジせず、受け入れてあげよう。
それこそ、我が子を包み込むように。
そうすれば、不安に振り回されなくなる。

ダメだダメだと、自分をコントロールしようとすると
振り回されるんですわ(苦笑)

コントロールできない自分をダメダメやってると
もうそれも負のスパイラル(^_^;)
もとは、自分はダメだ、の誤った思い込みから発している
そういうものなので・・・。


タロットは、何度引いても発見があります。
ああ、こういう意味もあったのか・・・
組み合わせで、カードの違う顔を知ります。
一期一会のスプレッド。

素敵なお母さんに出会えて、良かったです。
どうか、自分の人生を、お子さんの人生を、
愛してくださいね。

うまくいくこと、うまくいかないこと、
両方含めて。

ではまた、おやすみなさい(*^_^*)

*:..。o○☆*゜¨゜゜・*:..。o○☆*゜¨゜゜・*:..。o○☆*゜¨゜*:..。o○☆*゜¨゜゜・

Mokkun's Healing Room
セラピスト・もっくん
http://atelierpallete.web.fc2.com/
mokkuncafe@gmail.com  


Posted by もっくん at 00:28Comments(1)タロットカード