2018年05月27日

「正しさ」につぶされぬように

少し前ですが、『正しさ』がテーマの
カウンセリングがありました。

あまりにも、自分や人に品行方正さというか、
正しさを求めすぎると、その正しさが、
自分の人生に影を落とすことがあります。

人間は、誰でも、ある程度
歪んだ存在だからです。

それをある程度許容できると、
すっごく世界が優しくなります。

できないと、世界が自分に牙を向きます。


何を隠そう、私がそういう人間でした。


人に聖人君子を求めるし、
世の中にも正しさを求めていた。

いちばんこれで失敗したなと
感じるのは、男女関係です。
(そんなに何人も経験ないんですけどね…笑)


相手に正しさを求め過ぎて
相手がその要求について行けず
離れて行く

もしくは、似たような人間
(正しさを求め、弱さを許してくれないひと)を
引き寄せていたので

相手も、私に正しさを求め
私がそれに応えられないたびに
激しく糾弾される

そんな辛い体験がありました。


自分の理想の正しさについて行けない
本当の自分を嫌い、隠し、誤魔化し

もしくは、どんなに私が悪くないか
正当化しようと、躍起になりました。

でもそれをすればするほど
相手は離れていく。


いちばん傷ついたのは
ある元彼が親友と浮気をした時です。

きっかけは、私がした

「正しくないこと」


何か、彼にされたことに対して
すんごくムカついて、
留守中に、彼の家をめちゃくちゃに
散らかしたことがありまして……

それにドン引きした彼は
どんどん、私と距離を取り始めて

最終的に、私のサークルの親友と
浮気をすることで
私との関係を壊しました。

結果的に、私は、
当時、家族のような居場所であった
サークルにも、素直に行けなくなって
しまいました。


わたしは自分のされた
「正しくないこと」が
とても悲しく、我慢ならず
凄く憤ったけれど

きっかけが自分のした
「正しくないこと」だと知っていて、
それを知られたくなかったので
あまり人にもきちんと相談できなかった。

彼は私のことを
外面のいい、ひどい女だと、
あちらこちらで触れ回っていたみたいです。
(そうやって、自分のやったことを
正当化しようとしていたわけだ)


たしかにそうなんだけどさ(爆)

お前も大概だろ!!ww


……と今なら笑えるんですが(笑)


当時は
「たしかにそうなんだけど
(=私は外面のいい、ひどい女です! 笑)」

って言えなくてね。

(認められなかったの)


どんなに私が、その行為(正しくない行為)を
取ったことが妥当であるか

どんなに彼が、間違った行為をして
私がいかに酷く傷ついたか

そういうことを、自分の中で
永遠ループで考え続ける
被害者思考のプールの中に堕ちて、

地獄のような時間を過ごしていました。


自分の正しくなさも内心知ってて
でもそれを受け入れられないので、
被害者思考は常に、自分否定とセット。
うつ病みたいな感じ。

自己肯定感はサゲサゲで、
毎日自分を責め、正しい人間になろうと、
自己啓発本みたいなものを、
たくさん読むわけです。

すごいストレスで、ブクブク太り、
当時、体重は70キロを超えました。
(いまは52キロくらい 笑)


サークルにはなんとか、復帰したけど
時々感情的に不安定になることを、

「私情をサークルに持ち込む
のは正しくない」

と、ある先輩がめちゃくちゃ怒ってきたりして、

なんだか踏んだり蹴ったり。


今思うと、自分と同じエネルギーを
持った人を引き寄せて、
自分責めを他人にもやらせてたという
構図なんですよね。

ちなみにその先輩は、その後
社会人になってから、不倫してましたわ…ハハ^^;

なんらか自分を責めてると、
不思議と、「周りから責められる」ような
立場に吸い込まれていっちゃう不思議。
(その先輩も、状況は違うけど、同じ構図だよね・・・)


ともかく、

「自分はじつはこんなしょうもない人間なんだ~アハハ☆」

って認めるのって、
実は自己肯定感が高くないと
なかなか言えないセリフ。

それが出来ないと、「正しい人間」っていう
仮面を一生懸命かぶろうとする。
自分を守るために。愛されるためにね。


自己肯定感は、頭で考えたって上がるもんじゃないのが
難しいところなんだけど、ヒントがあるとしたら、

「あれっ 別に正しい人間じゃなくても
愛されるんだ!」


という体験をすると、この辺癒やされますね。

だた、そのプロセスに行くには、
「正しい人間じゃないことを、ちゃんと見せる」
という勇気が必要になるんで、
それが難しい人には、やはり心の負荷はあります^^;

あとは、他人の「正しくなさ」を愛してみる
という逆のプロセスも、ちょっと有効です。


私なんかは、子どもが産まれたことが
ひとつの転機になりました。

長男が生まれたその日

隣でスースー寝ている新生児を見て

「この子が何をしても、何ができなくても、
ぜんぜんいいじゃん
正しくなくても、全然かまわない」


「・・・あれ。もしかしたら、自分の親も、
私が生まれた日にそう思ってたんだろうか」


と思ったら、涙が出てきたんですよね。
涙腺崩壊して、お産で疲れてるのに
一睡もできなかったですw


といいつつ、この長男、もうすぐ6歳になるんですけど、
言う事聞かないときとか、自分に余裕がないと、
普通にイライラしますよww

でも、あの時気づいたことは
私にとっては真実となり、
そして、私が癒やされた事実は
変わりません。


ともかく、そういう実体験とか実感は、
何より強い癒しになります。

カウンセリングやヒーリングを受けると、
目の前のことに対する認知の仕方が
すこし変わるので、そういうものにも
つながりやすいかな~と思います。

気づきは、本だけじゃなくて、日常の中に
たくさん隠れていますよ☆


ではまた(*^^*)




公式LINE@にて、タロットや星読みから、
日々のお役に立つ情報をお届けしています☆
下記のリンクから友だち追加してみてください。
予約や問い合わせもお気軽にどうぞ。

友だち追加


四つ葉のクローバー営業案内四つ葉のクローバー

タロット/占星術/カウンセリング/ヒーリング
つくば タロットと星読みのアトリエ
http://atelierpallete.web.fc2.com/

所在地:つくば市花畑1-4-13 中野ハイツ101号
詳細はご予約後にご案内。
つくば駅からバスでも来られます。
つくバス北部シャトル:バス15分→徒歩7-8分


受付日時:月曜日~金曜日(祝日は除く)
9:00~16:00
(問い合わせはいつでもOK)

完全予約制
予約は前日まで


クレジットカード可
VISA、MasterCard、American Express
1回払いのみ
  



同じカテゴリー(スピリチュアル・コラム)の記事画像
6/16~6/20の星読みアドバイス
6/11~6/15の星読みアドバイス
なぜトートタロットには逆位置がないのか
私のスピリチュアル遍歴③ ~自分の本来の人生を生きると決める
波動のはなし
私のスピリチュアル遍歴② ~ヘミシンクのワークショップ
同じカテゴリー(スピリチュアル・コラム)の記事
 6/16~6/20の星読みアドバイス (2018-06-16 17:19)
 6/11~6/15の星読みアドバイス (2018-06-11 18:06)
 なぜトートタロットには逆位置がないのか (2018-06-01 12:23)
 私のスピリチュアル遍歴③ ~自分の本来の人生を生きると決める (2018-05-09 06:25)
 波動のはなし (2018-05-07 00:27)
 私のスピリチュアル遍歴② ~ヘミシンクのワークショップ (2018-05-05 00:33)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。