2012年05月26日

Born this way ~私はこのように生まれた~

レディ・ガガの「Born this way」という歌



「ありのままの自分」を愛することを

歌っています。
とても素敵な歌詞です。

I'm beautiful in my way,
私は私の形で美しい
'Cause God makes no mistakes
だって神が間違いを犯すはずはないから
I'm on the right track, baby
私は正しい道を進んでるいわ、ベイビー
I was born this way
私はこのように産まれたの

Don't hide yourself in regret,
後悔で自分を隠してしまわないで
Just love yourself and you're set
自分自身を愛すれば、それで準備万端よ
I'm on the right track, baby
私は正しい道を進んでいるわ、ベイビー
I was born this way
私はこのように産まれたの



・・・

しかし、先日、大好きなこの歌にまつわる
少し悲しいエピソードが、テレビで紹介されていました。

この歌に勇気づけられた、14歳の少年が
自分が同性愛者であることをカミングアウトしたら
壮絶ないじめにあい

ついには自殺してしまった


という話・・・。


これを聞いたレディ・ガガは

たいそう悲しみ

コンサートで、しぼりだすように


「いじめは、負け犬のすることよ」


と言ったそうです。


私も大好きな歌ですから
たくさん、考えさせられました。


何が悪かったのでしょうか・・・。


彼をいじめたクラスメイト達がひどいことをしたのは
ひとつ、間違いのないことですが

しかし、その加害者たちを単純に悪者にしたところで
マイノリティの苦しみは、根本的な解決を見ることはない・・・。


きっと、14歳の少年は、誰にも理解されない、相談もできない、
でも誰かにわかってほしい、自分の存在価値を肯定してほしい。
そういった苦しみを抱えていたのでしょう。

レディ・ガガの歌は、そんな彼にとっての福音となった。
「世の中は自分を受け入れてくれるのだ」
という希望が彼の中に芽生え、それが彼をカミングアウトの
行動にかきたてた。

でも、実際の現実は、そうではなかった・・・

少なくとも、彼の周りは
彼を拒絶し

彼は、その現実に絶望した・・・・・・


人が自ら死を選ぶ時って

単に「悲しいから」「つらいから」

ではないのだと思います。


「望みを絶たれた時」

読んで字のごとく、「絶望した時」

それが、人が死を選ぶときなのだ。


希望の歌を届けたのに
それが皮肉にも、彼に絶望をもたらすきっかけになってしまった

レディ・ガガの悲しみは、計り知れません。。。


でも彼女が間違っていたわけではない

そこが一番悲しいのですが・・・



そして、私なりに考えて整理したことは

「あなたはありのままでいい」

とは

他人から見た場合の、外的真実にはなりきらないのでしょう。
それは、自分から見た場合の、内的真実でしかない・・・。

すなわち、自分が肯定していても、
それを他人も同様に肯定してくれるとは、限らないのです。
時には無理解と拒絶にさらされてしまう。

悲しいけれど、自分と他人が違う限り
それは「宿命」なのかもしれません。

少なくとも、人類がその壁を乗り越えるのは、
残念ながら、まだまだ、先のことなのでしょう・・・


表面的には、同性愛というマイノリティを題材にしてみましたが
これは、他の小さな違いについても、同じことが言えると思います。


自分が持っている考え、感性、価値観を

多くの他人に共感を持ってもらうと、
ひとは幸せを感じるのものです。


「わかってくれた」「わたしの気持ちが伝わった」「わたしを認めてくれた」


それを求めて、ひとは、様々なものを他人に発信する。


でも・・・
10人が10人、自分のことに共感はしてくれません。

その性質が、他人と違えば違うほど
10人のうちの8人、9人が拒絶をしてくるかもしれない。

それが今のところは、一般的な真実なので、
そこを諦めて受け入れると、一気に楽になります。
嘘と絶望が、初めからなくなるからです。

9人がダメといっても、1人がいいといえば、
それこそ「有り難い」
とっても、嬉しいことですね☆


さらにいえば理解を示すただ1人は
もしかしたら、身近な人ですらなく、
自分しかいないのかもしれません。

寂しいかな?

でも、これって裏を返すと、
とてつもない希望ではありませんか?

自分が認めてさえいれば

他の全員がダメといっていても

満たされる

'Cause He made you perfect, babe
神があなたを完璧に作ってくれたのだから

'Cause God makes no mistakes
神が間違いを犯すはずはないから



それが、自分自身を愛する根拠

それが、内的真実のすべてです。


外に求めても、それは手に入らない
内に

あなたの内に

それを求めるんです。


それがきっと、ガガの歌の伝えるものの本質なんじゃないかな。


自分で自分を愛することができれば

たとえマイノリティでも

無理解にさらされても

どんな時代、どんな世の中でも希望は消えない。


そしてすべてのひとが

自分自身を心から愛することができた時に

人類全体もまた、次の段階に行くのかもしれないね。


自分と違うものを拒絶する必要がなくなるから。


断言するけど、その時代は
待っていてもきっと来ない。

自分から始めないと。

世の中を恨むんじゃなくて
世の中に期待するのじゃなくて

自分から始めないとね。


わたしもはじめよう。
あなたもぜひはじめてください。

誰が認めてくれなくても
私自身を愛そう。

'Cause He made you perfect, babe
“神があなたを完璧に作ってくれたのだから”



おやすみなさい☆

-----------------------------------------------------------------

つくばのスピリチュアルヒーリングルーム
Atelier Pallete -パレット-
http://atelierpallete.web.fc2.com/index.html

mokkun_cafe@yahoo.co.jp
090-4758-8775
電話は本名の「川村」で出ます。
本業のお店(カフェ)が忙しいときや、
セッション中など出られないこともあります。
お急ぎでない場合は、なるべくメールでご連絡ください。   


Posted by もっくん at 01:05Comments(1)スピリチュアル・コラム

2012年05月11日

ハートチャクラと収入

前回の予告からずいぶん時間がたってしまいましたが・・・
ハートチャクラと収入の関係性について
言ったからにはちゃんと書こうと思います(笑)

ハートチャクラというのは。。。
教科書的な説明はまあ省くとして、(その辺はググってくださいw)
「人との関わり」に関する重要なエネルギーポイントです。

最近、自己肯定の話を重点的に書いていますが、
それもハートの役割のひとつ、と私は考えています。
そして、その上で人とどう関係性を作っていくか、
にも大きく関わっています。

人とのエネルギー交換の窓口になるチャクラなのです。


「エネルギー交換」とはなんぞや
といいますと、まあ、普通に誰かと会話をしたり、
気持ちを共有しあったり、ぶつけあったりと
普段誰しもがやっていることを言っています。

「あの人と話していると元気になる」「明るい気分になる」
とか、あれです、あれ。

会話だけでなく、雰囲気や、いわゆる日本人がよくいう「空気」
いろんな物で、エネルギーは交換されます。
それが気持ちよく行われていれば、相手に対して好感をもち
うまくいってないと、「なんだこいつ」みたいな
「なんかヤだな」という感覚を持つことになります。

そうやって、お互い干渉し合いながら、響きあいながら
生きていっているのが「人間」というものなんですね。

自己肯定が大事と言っているのは、
他人と気持よく干渉しあうためには、
まず自分の基盤をしっかりと持つことが不可欠だからです。


さてここから本題。

収入、というものが今日の話とどう絡んでくるのかというと・・・

「お金」というのも、エネルギーの形のひとつなんですね。
貨幣とかコインとか、具体的に現物になっているから
あんまりそういう感じはしないけど、
エネルギーが具現化したもの、と思ってもらえれば
わかりやすいでしょうか。

誰かに何か働きかけることによって、
そのエネルギーが自分に入ってくる。
それが収入です。

引きこもっていては、お金は入って来ませんよね。
それは、誰ともエネルギーを交換していないからです。


だから、収入アップの方法というのは、単純にいうと
エネルギーの交換を増やすこと、
自分がたくさんのエネルギーを動かして、
人に与えることだったりします。

そのエネルギーが大きければ大きいほど
収入も大きいのです。

それは働いている時間、とは単純には言えません。
純粋な量、質のことを言っています。

そこをどう増やすかは、知恵が必要ですが
ビジネスブログではないんで、その方法論はここでは割愛、
勝間和代さんのページでも見て下さい(笑)


ヒーラーの視点から、思うことは

人に心を開いている人(ハートが開いているひと)は
収入の間口が広いです。

逆に、例えば仕事に文句を言っていたり
お客さんに文句を言っていたりすると
やっぱりあんまりその辺がよろしくない。

表面上はニコニコしていても、
お店とか、商品などにそのエネルギーが反映されて
お客さんがそれを感じてしまうんですね。

「このやろう」というエネルギーが入っていると
手にとった人は「なんかヤだな~」と言葉にはならないけど
そういったものを感じるはずです。

誰だって、「このやろう」と自分を攻撃するものに
お金は出したくないですよね(苦笑)


「美味しく食べてね」とか「いつもありがとう」
というエネルギーが入っていれば、
その商品は、金額以上のものを何かそのお客さんに与えるでしょうね。
だから、またお客さんが戻ってくる。
(ウチが本業カフェだから、どうしても食べ物の話になってしまうけどw)

上っ面はごまかせても、
エネルギーはごまかせない。

収入が少ないなと感じているとしたら
もしかしたら、自分の仕事に良いエネルギーが
乗ってないのかもしれません。


特に自営業だと、このへんがかなりシビアに
反映してきます。ある意味こわい話です(笑)

もちろん、感じのいいお客さんには
素直に「ありがとう」が乗ることでしょうし、
表面上は「自分は感謝している」という意識状態で望んでいる。
と思うところでしょうが

「仕事に乗ってるエネルギー」が真にわかるのは
自分にとって苦手だったり、扱いにくいお客さんが来た時です。

苦手、っていうのは
自分とエネルギーが違うので、違和感を感じている状態なんですが
ご存知の通り、人っていうのは、十人十色、いろんなタイプがあり
どのタイプが良い人、悪い人、というのは
誰かがジャッジしない限りは、存在しません。

確かなのは「自分とは違う」ということ。

ハートがちゃんと機能していると、
「違う」ことをちゃんと肯定できます。
そうすると、それ以上のよくない感情がわく余地がないんですね。

「この人苦手だな。もうあんまり来ないでほしいな」

「ちょっと苦手だけど、自分とタイプが違うだけ。でも、自分のもの(サービス)を買ってくれてありがたいわ~」

商売に関しても、ハートチャクラがしっかりしているか否かで
そういう心持ち(エネルギー)の違いが出てきます。
ほんとうの意味での「ありがとう」のエネルギーが乗るんですね。

さらに言えば、そういう状態で日常を過ごしていると、
自分にない発想とかアイディアに対する受容性も出てくるので
ビジネスチャンスも増えるのです。
それが結果的に収入アップにつながるわけですね。


エゴにしがみつき、他人に心を閉ざしていると
「私の考えが正しい」とか「私のやり方が正しい」とか
そこに固執してしまって、知らず知らず、
井の中の蛙になってしまうし、お客さんの間口も狭めてしまいます。

ま、それでも生活に満足していれば何の問題もないんですけど
収入に問題がある、もしくは不満を感じているならば、

それはオマエのやり方がまずいんじゃ!!( ゚д゚ )

ということです(笑)
ある意味、収入が自分のエネルギー交換の具合を
教えてくれているんですね。


お金って、いきなり天から降ってくるもんじゃなくて、
人を通してもたらされるものなので、
「人に心を開く」ことをすっ飛ばしては、
たぶん解決されない問題なのだと思います。

引き寄せの法則の関連本などを読んでいると、
いかにも簡単に大金持ちになれそうですが
実践できていない人が多いのは
そこらへんがネックになっているんじゃないかなぁ。

そんなこと言ってる自分もまだまだですけどね♪(^_^)/


いつもいつも、端的な例をたどって話をつないでいるのですが
何かが伝われば幸いです☆

では、おやすみなさい(*^_^*)

-----------------------------------------------------------------

つくばのスピリチュアルヒーリングルーム
Atelier Pallete -パレット-
http://atelierpallete.web.fc2.com/index.html

mokkun_cafe@yahoo.co.jp
090-4758-8775
電話は本名の「川村」で出ます。
本業のお店(カフェ)が忙しいときや、
セッション中など出られないこともあります。
お急ぎでない場合は、なるべくメールでご連絡ください。   


Posted by もっくん at 01:29Comments(0)スピリチュアル・コラム