2009年12月02日

「いやなこと」は、いらない?

瞑想をしたり、日々をすごしている中で、
つれづれと色々なことを考えます。

最近のトレンドは、

「いやなこと」って、いらないのかなあ。

ということです。


昔、「気学(方位学)」にはまったことがありまして
それ何かというと、かいつまんでいえば、
旅行とか引越しとかを、いい方位で行うと
いいことがおきる、っていう風水みたいなもんなんですが

中には、「五黄殺」とか「暗剣殺」とか
意味しんなくても、ろくなもんじゃねーことだけはわかるような
そんな怖い方位もあります。(笑)

でもね、だからといって、絶対に
だめな方位を踏んではいけないかというと
そういうものでもないのです。


昔、あの豊臣秀吉がまだ下っ端だった頃

奇門遁甲という、気学と似た占いを扱う易者が
秀吉の元の運の強さを見込んで、
わざと「五黄殺」の方位を取らせたそうです。

そこで苦労して苦労して、業をはらすことで
この者は大成するだろう、と見込まれたわけです。
「運の強さ」、というよりは、「人間性の強さ」を
見抜かれたんでしょうね。

秀吉がその後どうなったかは、
誰もが知っていますねにこにこ


私、この話が大好きなんです☆

かくいう私も、まだ気学を知らずに
「暗剣殺」
踏んだことあります。それも、効果がより強い、海外旅行で。(笑)
(※どういう方位か気になる人は、ググってくださいねww)

確かに、何かその後数年間は、
色々大変なことがあった気がする。

でも、そのときの苦悩とか、苦労がなかったら
今の自分はないのも、確かなんだな。

いやなことは、そりゃあ少ないほうがいいけど
転んでも起きれば、いいのだよ。


風水もそうですが、こういう、
割と表面の仕組みが簡単に見える類の占いは
「いいことばっかり起こそう」として
使う人が、けっこう目につきます。

数年前に見た2ちゃんねるで

「いい方位に、1ヶ月に1回必ず旅行しているのに、
 ろくなことが起こりません、何が悪いんでしょう」


などと書き込まれているのを見たんですが
それは、その心がけ自体に問題があるのでしょう(^^;
(2ちゃんにマジレスする私も私ですが。(笑))

風水や気学って、運命を好転させるとか、そういうのより
もっと尊くて、深い教えをはらんでいる神聖なものだと
思うんですよねー。


まあそれは置いておいて

占いに限らず、世の中を見ていると
「いやなこと」「不幸なこと」「試練」「失敗」を
あまりに怖がりすぎているなあと思うんです。

うまくいかなくたって、
失敗したって別にいいじゃん。

転んだら、立ち上がればいい。
人間は、それができるのだから、


そんなことを、最近よく考えています。  


Posted by もっくん at 18:11Comments(2)スピリチュアル・コラム